英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第3回/自決の強要〕

懇願する世子

羅景彦は一族の優遇を条件に命を失う役回りをさせられたのかもしれない。いずれにしても、羅景彦の告発は思悼世子にとって大きな痛手となった。
「立ち直ってほしい。息子を信じたい」
英祖にもそういう気持ちがわずかに残っていたのだが、羅景彦の告発以後も思悼世子の乱行を指摘する声が相次いで聞こえてきた。国の将来を心から心配した英祖は、ついに重大な決意を固めて思悼世子を呼び出した。
それは、1762年閏(うるう)5月13日のことだった(閏とは、暦の日数・月数が平年より多いことを指している。陰暦は1年が354日なので、5年に2回ほど1年を13カ月にする必要があった。その追加した月が閏で、1762年には5月の次に閏5月があった)。




おそるおそる英祖の前に出てきた思悼世子が見たのは、刀をふりかざして怒りまくっている父の姿だった。
思悼世子は冠を脱いで庭先でひざまづき、さらに頭を地面にこすりつけた。
「許してください。もう二度と意にそぐわないことはいたしません」
思悼世子はただひたすら反省の意を示した。そんな息子に対して英祖は、たった一つの冷酷な言葉を浴びせた。
「自決せよ。今ここで自決するのだ」
この言葉を聞き、思悼世子は恐怖で真っ青になった。
地面にこすられた額からは血がふきだしていた。その血に驚いた思悼世子は、顔をこわばらせて震えていた。(ページ3に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第4回/米びつに閉じ込められた世子〕

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る