タグ:高麗王朝

  • 光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

    ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』でイ・ジュンギが華麗に演じていたのが、高麗王朝の4代王・光宗(クァンジョン)であった。この光宗は、高麗王朝では初代の王建(ワン・ゴン)に次いで有名な国王だ…
  • 金首露(キム・スロ)/三国高麗国王列伝2

    第2回 製鉄技術を持った強国伽耶を率いた初代王 高句麗(コグリョ)・百済(ペクチェ)・新羅(シルラ)が覇権を争った三国時代。その三国に続く勢力を持っていたのが、小国の連合体である伽耶(カヤ)だ。伽耶については史実上…
  • 奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(後編)

    中国大陸では、すでに元の国力が衰退していた。各地で農民たちの反乱も起き、元はまともに鎮圧する力も失っていた。このように元が弱くなると、高麗王朝での奇一族の立場もガラリと変わっていった。 わが…
  • 奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(中編)

    元の皇帝トゴン・テムルの正室だったタナシルリは、奇皇后に執拗な嫌がらせをした。思い切り鞭で叩いたり、熱した焼きごてを肌にあてたり……。正気とは思えなかった。しかし、タナシルリの横暴も長く続かなかった。…
  • 奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)

    韓国時代劇『奇皇后』ですっかり有名になった高麗王朝時代の怪女……それが奇皇后だ。高麗王朝を屈伏させた中国大陸の大国「元」の皇后になるという快挙を達成した女性の波瀾万丈な人生を振り返ってみよう。 …
  • 『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

    ドラマ『奇皇后』で元の皇帝として描かれていたタファン。新進俳優のチ・チャンウクが演じて評判となったが、このタファンという皇帝は史実のトゴン・テムルがモデルになっていた。それでは、トゴン・テムルとは、ど…
  • 『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

    チュ・ジンモが『奇皇后』で演じたのが、高麗王のワン・ユだった。ドラマでは架空の人物という設定だが、奇皇后が生存した時代を手掛かりにすると、モデルになった人物がいる。それが、高麗王朝の28代王であった忠…
  • 『奇皇后』で見事な演技を披露したハ・ジウォン!

    韓国で『奇皇后』が大ヒットしたとき、その理由としてよく挙げられたのが「ハ・ジウォンがすばらしかった」という称賛だった。彼女の主演でなければ『奇皇后』があれほどの作品になったかどうか。それほどハ・ジウォ…
  • 奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

    「奇(キ)」という姓を持った人は、今の韓国には1万8千人ほどいる。韓国の姓別の人口ランキングでは83位だ。なお、「奇」という姓には本貫(ポングァン/始祖の出身地のことで、一族の出自を示す)が「幸州(ヘ…
  • 奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

    奇皇后は、高麗出身で中国大陸の元の皇后にまで上りつめた女性だが、彼女については謎が多い。奇皇后はいったいどのような人生を歩んだのだろうか。 皇帝の寵愛を受けた奇皇后 高麗は、朝鮮半島を統一…

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る