李成桂(イ・ソンゲ)が太祖(テジョ)として即位!

 

朝鮮王朝は1392年に建国されました。初代王・太祖(テジョ)となったのが李成桂(イ・ソンゲ)です。彼は、高麗王朝の武将でしたが、最高実力者となって高麗王を追放して自ら新しい王朝を開きました。




8人の息子

朝鮮王朝を作った太祖には妻が2人いましたが、故郷にいたのが神懿(シヌィ)王后です。太祖を若いときから支えた「糟糠の妻」で、6人の息子をもうけました。しかし、神懿王后は朝鮮王朝が創設される1年前に亡くなっています。
結局、神懿王后は実際には王妃になっていないのですが、その功績を讃えられて「最初の王妃」という扱いを受けています。
太祖が若いときを過ごした高麗王朝時代は一夫多妻制で、出世するような男は都にもう1人の妻を持つ風潮がありました。それを「京妻」と言いましたが、太祖の京妻が神徳(シンドク)王后でした。
一般的には、故郷にいる妻より京妻は若いのですが、神徳王后も神懿王后より19歳も若く、大変な美人だったと言われています。この神徳王后と太祖の間には息子が2人いました。合計すると、太祖には合計で8人の息子がいました。
1392年、朝鮮王朝を創設した太祖は、すぐに後継者を指名する必要に迫られました。王朝ができたときすでに57歳。当時としてはかなり高齢で、早めに世子(セジャ/国王の正式な後継者)を決めなければならなかったのです。




最初の妻である神懿王后との間に生まれた子供はみな成人していて、なおかつ朝鮮王朝の創設に貢献しているので、誰もがその中から選ばれると思っていました。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る