光海君は廃位になるほどの悪政をしたのか?

 

1623年、仁祖(インジョ)がクーデターを起こして光海君を王宮から追い出すとき、光海君の悪政として4つの点を糾弾した。果たして、その4つは正当な根拠があると言えるのだろうか。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより




骨肉の争いには前例があった

仁祖が光海君を糾弾した際の4点とは以下のとおりだ。
1.兄弟たちを殺した
2.多くの土木工事を行なって民衆の負担を大きくした
3.中国大陸の明に対して背信行為をして、後金と密通した
4.継母である仁穆(インモク)王后を幽閉した
果たして、4つの糾弾には根拠があるのかどうか。
1つずつ具体的に見ていこう。
王位継承をめぐって親族を殺したのは、光海君が最初ではない。3代王・太宗(テジョン)と7代王・世祖(セジョ)も骨肉の争いの中で兄弟を何人も殺害している。しかし、彼らは罪に問われず死ぬまで王であり続けた。
光海君だけを糾弾するのは酷だ。
次に土木工事について。




国土は朝鮮出兵のときに荒廃しており、その復興を果たす必要があった。なにしろ、王ですら満足に住む王宮がなかったのだから。
(ページ2に続く)

知られざる光海君(クァンヘグン)の実像1「光海君の即位」

光海君(クァンヘグン)と臨海君(イメグン)!兄弟同士の骨肉の争い

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后はなぜ激しく対立したのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る