仁粋(インス)大妃にとって燕山君(ヨンサングン)は最悪な孫だった!

 

9代王・成宗(ソンジョン)の母が仁粋(インス)大妃だ。彼女は成宗の二番目の正室だった尹氏(ユンシ)のことを「育ちが悪いし、野心的すぎる」と嫌っていた。その感情が尹氏をどんどん追い込んでいった。




初めての廃妃

母の仁粋大妃が嫌っていることもあって、成宗は尹氏の部屋を訪ねることが少なかった。その分、成宗は側室の部屋にひんぱんに行っていた。
このことに嫉妬した尹氏は、巫女(みこ)を使って側室を呪い殺そうとたくらんだ。そのことが発覚し、成宗はさらに尹氏を遠ざけた。
それでも、しばらく時間が経つと尹氏のことが気になり、成宗は久しぶりに尹氏のもとを訪ねた。
尹氏としては成宗との仲を回復する好機だったのに、なにを勘違いしたのか、尹氏は成宗の顔に引っかき傷を作ってしまい、それが大問題に発展した。
これほど不敬の罪はない。
激怒した仁粋大妃は尹氏を王宮から追い出してしまった。これによって、朝鮮王朝で初めて王妃が廃妃になるという事態になった。
さすがに尹氏は反省し、実家で質素に暮らしていた。




数年が経ち、成宗の心にも変化が生まれた。
「大いに反省しているようであれば王宮に戻してあげよう」
成宗はそう思った。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る