粛宗(スクチョン)は仁顕(イニョン)王后を廃妃にするとき何を語ったか

 

朝鮮王朝19代王の粛宗(スクチョン)の側室だった張禧嬪(チャン・ヒビン)は1688年に王子を産んだ。粛宗にとって待望の嫡男だった。その翌年、粛宗は高官たちを前に驚愕するようなことを言いだした。

妬みが強すぎると王妃を非難

驚愕するようなこととは、粛宗が正室の仁顕(イニョン)王后を廃妃にしようとしたのだ。1689年4月21日、粛宗はこう語っている。
「世も末になればなるほど人々の心もすさんでくるものだが、なぜ余がこのような状況を甘んじて受けなければならないのか。何よりも、中宮(チュングン/王妃のこと)は妬みが強すぎるのだ。禧嬪が最初に淑媛(スグォン/側室の品階の1つ)になったときから中宮の妬みがひどくなって、余は閉口するばかりだった」
「中宮は余にこう言ったのだ。『夢の中で先王(18代王・顕宗〔ヒョンジョン〕)と先后(明聖〔ミョンソン〕王后)に会ったのですが、お二人は私にこうおっしゃいました……内殿(ネジョン/王妃のこと)と貴人(キイン)/張禧嬪とは別の側室)は福と子供に恵まれるでしょう。




けれど、淑媛(張禧嬪のこと)は子供がいないだけでなく、福もないのです。それだけではなく、長く宮中にとどまっていれば、良からぬ人々と結託して国にわざわいをもたらすでしょう』と」
(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)はどんな国王だったのか

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の息子を産んで起こった騒動とは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る