仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

 

1623年、光海君(クァンヘグン)が廃位となり、16代王・仁祖(インジョ)が即位した。当時、光海君の継母であった仁穆(インモク)王后と娘の貞明公主(チョンミョンコンジュ)は離宮に幽閉されていたが、新しい国王になって解放された。そのとき、貞明公主は20歳だった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

国王が乗る馬

王族女性の場合は10代前半に結婚するケースが多かった。
いくら遅くても10代後半までには婚姻を終えていて、20歳まで未婚というのは異例だった。
しかし、貞明公主の場合は仕方がなかった。なにしろ、幽閉されていたのだから。
ようやく自由の身となった。すぐに貞明公主の婿選びが始まり、良家の御曹司であった洪柱元(ホン・ジュウォン)が夫に決まった。
彼は貞明公主より3歳下だった。
2人の結婚式は盛大に行なわれた。




当時、国王が乗る馬のことを「御乗馬(オスンマ)」と呼んだが、この御乗馬が貞明公主の結婚式に使われた。
それほど、貞明公主は優遇されたのだ。
しかし、御乗馬が使われたことがあとで大問題になった。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)は屈辱で人が変わった/朝鮮王朝人物列伝特選3

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

仁穆(インモク)王后は仁祖(インジョ)に光海君(クァンヘグン)の斬首を主張!

人質から帰った昭顕(ソヒョン)世子を仁祖(インジョ)はどう迎えた?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る