鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の哀れな末路は何を物語るのか

 

朝鮮王朝時代には、最高峰とも言える品階(正一品と従一品)を持った官僚の妻には、「貞敬(チョンギョン)夫人」という封爵が与えられた。この封爵は、民間女性の最高位である。それを受けたのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だったのだが……。




栄華は続かない

鄭蘭貞は母が奴婢だったために、本人も奴婢の境遇だった。
しかし、妓生(キセン)から尹元衡(ユン・ウォニョン)の妾になり、ついには、尹元衡の妻を毒殺して正妻の座を手に入れた。まさに、鄭蘭貞は最下層から最上位に劇的に身分を上げた女性だった。
それが可能だったのは、尹元衡の実姉が11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室・文定(ムンジョン)王后だったからだ。
尹元衡は実姉の威光を利用して大出世し、それに応じて鄭蘭貞も女性として民間トップの勲章を得た。
これもすべて鄭蘭貞が文定王后の手先として、恐ろしいほどの悪事に手を染めた結果だった。
しかし、栄華は長続きしなかった。
文定王后が1565年に世を去った。




すると、尹元衡夫婦はアッという間に没落した。後ろ楯がいなければ、尹元衡と鄭蘭貞はただの悪人夫婦だった。
(ページ2に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

鬼のような文定(ムンジョン)王后

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る