極ワルの文定(ムンジョン)王后

 

11代王・中宗(チュンジョン)には3人の妻がいた。最初の妻は父が燕山君(ヨンサングン)の側近だったために離縁させられた端敬(タンギョン)王后。2人目の妻は12代王・仁宗(インジョン)を産んですぐに亡くなった章敬(チャンギョン)王后。そして、3人目の妻が文定(ムンジョン)王后である。

文定王后が王を毒殺?

文定王后は、若くして亡くなった章敬王后の代わりに仁宗(後の12代王)を育てる立場になった。
しかし、自分の子ではない仁宗を彼女はうとましく思い、常に邪険に扱った。そうした感情は、中宗との間に息子を授かるといっそうひどくなっていった。
義母に憎まれながら王になった仁宗。しかし、文定王后は執拗に彼の命を狙い自分の息子を王にしようと画策していた。




結局、1544年に即位した仁宗はわずか8カ月で世を去った。
文定王后に毒殺されたと言われている。
(ページ2に続く)

『オクニョ』に登場する実在の人物で一番のワルは文定(ムンジョン)王后!

文定(ムンジョン)王后は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る