警察官の朴文秀(パク・ムンス)

 

王は朝鮮王朝において絶大な権力を持つ。しかし、歴代の王にとって悩みの種だったのが、地方の役人たちの不正だった。悪徳役人が監視の目を盗んで私利私欲のために庶民の生活を圧迫することがよくあった。そうした悪徳役人を摘発するために作られた警察官の役職が暗行御史(アメンオサ)だった。

「暗行御史、出頭!」

暗行御史に任命された者には、王の代理の証明として三種の神器が手渡された。暗行御史の公務が書かれた事目(サモク)、死体を検分する時に使うものさしである鍮尺(ユチョク)、駅(地方ごとに置かれた中継所)で馬を自由に借りるときに使う馬牌(マペ)の三つだ。これらは、暗行御史が王の代理であるということを証明する身分証の代わりになった。
様々な特権を与えられた暗行御史は、王の期待に添うために懸命に職務を遂行した。彼らは役人たちの仕事ぶりを確認するために、粗末な服をまとって物乞いに変装することもあった。




暗行御史は役人の不正を見つけると「暗行御史、出頭!」という大きな掛け声をだして一気に突入する。その声を聞いた庶民は喜びの声をあげたし、不正を働いた役人たちは恐怖におののいた。
数多くの武勇伝を残した暗行御史の中で、ひと際輝く実績を持っていたのが朴文秀(パク・ムンス/1691年~1756年)だ。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る