作家のホ・ギュン(許筠)

 

17世紀初め、史上初めてハングルで書かれた有名な小説が「洪吉童伝(ホンギルドンジョン)」である。筆者は、朝鮮王朝中期の文人のホ・ギュン(許筠/1569~1618年)だった。

体制への反逆者

ホ・ギュンは有名な文人一家の息子として生を受けた。その中でも、ホ・ギュンと姉の許蘭雪軒(ホ・ナンソルホン)の2人は後世でも高く評価されている。
2人は幼い頃から、父と交友関係のある有名な詩人たちから詩を習うことができた。その結果、ホ・ギュンは10歳になる頃には天才と称されるほどのずば抜けた才能を開花させた。
そんなホ・ギュンにかかる周囲の期待は大きかった。しかし、ホ・ギュンが正式な官職に就いたのは26歳と遅く、仕官しても真面目に仕事をせず、ひたすら遊び続けるだけだった。その結果、彼はすぐに官職を没収された。
現代で高い評価を受けるホ・ギュンだが、当時の朝鮮王朝の中で彼は「反逆者」「無法者」という風に見られていた。




ホ・ギュンが体制に不満を持っているのは、誰の目にも明らかだった。彼は常に身分が低い者たちと酒を酌み交わし、世の中の理不尽さを憤った。
このことは、彼が書いた「洪吉童伝」を見れば明らかだ。
(ページ2に続く)

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

「悲劇の朝鮮王朝・三大世子(セジャ)」とは誰なのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る