武官の李舜臣(イ・スンシン)

 

朝鮮王朝を代表する武官と言えば、最も有名なのが李舜臣(イ・スンシン/1545年~1598年)だ。彼は豊臣軍が朝鮮出兵をしたときに大活躍した。今でも韓国の人がもっとも尊敬する偉人が李舜臣なのである。




新しい戦闘船の開発

もともと、朝鮮王朝は「文」に傾倒した国だった。そのため、文官は武官を馬鹿にしていて、権力にも大きな差があった。
そんな情勢の中、李舜臣は1581年に武官として仕官した。
武官になってからの李舜臣の出世は早かった。彼は着任早々、北方の異民族制圧に大きな戦果をあげて、最も有能な将軍という異名を轟かせた。
李舜臣が着々と武名をあげている頃、朝鮮王朝には「豊臣軍が攻めてくる」という噂が流れ国政はとても緊張していた。朝廷では有能な将軍を求めるようになり、北方地方にいた李舜臣にもその声は届いた。
こうして李舜臣は全羅道(チョルラド/朝鮮半島西南部の地方)の水軍守備隊長に任命された。これは実に異例の昇進であった。
しかし、内陸生まれだった李舜臣にとって、海での兵法は苦手だった。彼は兵たちと共に海戦を学びながら、戦の訓練を丹念に行ない有事に備えた。




李舜臣がもっとも力を注いだのが新しい戦闘船の開発である。そして誕生したのが「亀甲船」だ。
亀甲船は甲板が固い板で覆われていた。その上に無数の刃が設置されており、前後左右に強力な大砲を装備していた。この戦闘船が、後に李舜臣の勝利に大きく貢献する。
(ページ2に続く)

李舜臣(イ・スンシン)!韓国最高の英雄

世宗(セジョン)を初めとする「朝鮮王朝五大偉人」は誰か

庶民から尊敬されなかった国王・宣祖(ソンジョ)/朝鮮王朝人物列伝特選19

権力闘争に勝った光海君(クァンヘグン)!朝鮮王朝全史15

光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后はなぜ激しく対立したのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る