後継ぎなのに国王になれなかった3人の「悲劇の世子」とは?

 

朝鮮王朝の518年間の歴史を見ると、悲劇的な死を遂げた世子(セジャ)が3人いる。それが、昭顕(ソヒョン)世子と思悼(サド)世子と孝明(ヒョミョン)世子である。この3人はどのような最期を遂げたのだろうか。彼らの人生を振り返ってみよう。




昭顕世子(ソヒョンセジャ)

朝鮮王朝では、世子はおおむね5歳くらいで指名され、10歳ほどで結婚することが多い。東宮(トングン)とも呼ばれており、実際に王宮の中で東側に住んでいた。
世子には専門の官庁が用意され、毎日の勉学を通して帝王学を授けられた。こうして、国王になる準備に励むのである。
必然的に、国王が死ねば世子が次の王になる。しかし、朝鮮王朝の長い歴史の中では世子でありながら国王になれずに世を去った人たちもかなりいる。その中で特に有名なのが3人の世子だった。
1人目は、16代王・仁祖(インジョ)の統治時代に世子だった昭顕世子(ソヒョンセジャ)である。
彼は中国大陸を制覇した清の人質となり、1637年から1645年まで清に連行されたままだった。
しかし、昭顕世子にとってそれは辛い生活ではなかった。むしろ、西洋の宣教師たちが多かった清で、様々な先進的な文明に触れて大いに感化された。彼は、自分が国王になったときには新しい文明を朝鮮半島に持ち込もうと考えていた。




そして、1645年に人質から解放されて母国に戻った。ところが、清に侵略されて屈辱を味わった仁祖は常に清に強い恨みを抱いていて、清を称賛する昭顕世子に対して不信感を強く持った。
(ページ2に続く)

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

思悼世子(サドセジャ)が餓死した後で妻の恵慶宮(ヘギョングン)はどうなった?

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された

昭顕世子の妻だった姜氏(カンシ)の悲しき運命!

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)はどのように亡くなったのか

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る