なるほど韓国12「ドラマの放送事故」

 

同じテレビドラマでも日本と韓国では違いが多いが、いったいどんな違いがあるのだろうか。日韓のドラマについて詳しく見てみよう。

2004,1,30MBC â»çƯÁý±Ø ´ëÀå±Ý.½Åº¸¼±sbs@




ドラマの日韓比較

日本と韓国のドラマの違いをいくつか列挙してみよう。

・日本の連続ドラマは週1だが、韓国は2夜連続が常識。「月火」「水木」「土日」という具合だ。
・韓国ではCMが入るのはドラマの最初と最後だけ。途中には入らない。日本はいいところでひんぱんにCMが入る。
・日本の連続ドラマは10話終了が多い。韓国は最短でも20話。50話前後も多い。
・韓国のドラマには中学生以下が視聴不可となる作品がある。暴力シーンが多かったり、倫理観に問題がある作品だったり……。日本にはそういうドラマはない。

以上のとおりだが、制作スタイルでも明らかな違いがある。
それは何か。
「事前制作」と「生放送型制作」の違いだ。
日本は事前制作。放送前に撮影の多くが終了していて余裕を持ってドラマの放送ができる。




一方の韓国は、生放送型制作がほとんどだ。
ドラマの放送が始まった段階では、まだ数話分しか撮影が終わっていない。ストック分がすぐに底をつき、以後は「撮影しては放送、撮影しては放送」の繰り返し。最後のほうになると、「ほぼ生放送」と揶揄(やゆ)される。俳優も制作陣も疲労困憊となる。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国10「女子プロゴルフが強い理由」

なるほど韓国11「韓国でタクシーに乗る」

なるほど韓国13「韓国では街にお寺がない」

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る