なぜ景福宮(キョンボックン)は273年間も放置されたのか?

正門の向きで論争が起きた

儒学者たちは、「王は南に向かって堂々と政治を行なってこそ王朝が長続きする」という理由から、正門を南向きに作れと主張した。これに大々的に反対したのが仏教の僧侶たちだった。
「南側には火を起こす気脈が満ちている。その南側を避けて、正門を東向きに建てたほうがいい」
仏教側はこういう主張を繰り返して儒教側と対立した。




最終決断を迫られた初代王・太祖(テジョ)は、悩んだ末に正門を南向きに建てることにした。王朝の基本理念に儒教を据えようとしていたので、儒教側の意見を採用したのである。
その末に完成した景福宮。以後の200年間、朝鮮王朝の正宮であり続けたが、1592年に戦乱の中で火事を起こして灰となってしまった。以後、王家は離宮を転々とすることになった。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る