知られざる光海君(クァンヘグン)の実像2「骨肉の争い」

 

光海君(クァンヘグン)を支持する政治的な派閥が大北(テブク)派です。大北派は光海君が王であり続けるかぎり大出世を果たせるので、自分たちの地位を守るために暗躍します。その中心で動いていたのが金介屎(キム・ゲシ)という女官です。




非道な行ない

1609年、大北派は光海君への批判を繰り返していた臨海君(イメグン)を殺します。さらに1613年、永昌(ヨンチャン)大君が仁穆(インモク)王后の父親と図って光海君の王位を奪おうとしたという容疑を作り出します。その挙げ句、大北派は仁穆王后の父親を死罪にして、母親を奴婢(ぬひ)にしてしまいます。
そして、永昌大君を江華島(カンファド)に流して、最後にはオンドル(床暖房)を熱して永昌大君を蒸し殺します。永昌大君はまだ8歳という幼い年齢で、母親の名前を絶叫しながら命を奪われました。このとき、仁穆王后は西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)という離宮に幽閉されていました。
仁穆王后は、形の上では光海君の母親になります。大妃(テビ)という朝廷の最長老なのです。




朝鮮王朝は儒教を国の教えにしていたので、長幼の序を厳格に守り、親孝行こそが最高の徳目でした。王といえども、大妃に対しては大変な尊敬を払わなければなりませんでした。
しかし、大北派は仁穆王后の大妃の資格も剥奪し、西宮に長く幽閉しました。こうした非道な行ないが後に糾弾されます。
(ページ2に続く)

知られざる光海君(クァンヘグン)の実像3「光海君の二股外交」

光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后はなぜ激しく対立したのか

仁穆(インモク)王后は仁祖(インジョ)に光海君(クァンヘグン)の斬首を主張!

廃位後の光海君(クァンヘグン)一家の悲劇!

光海君(クァンヘグン)は暴君なのか?名君なのか?

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る