光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名から名君へと評価が一変した国王(再読版)

 

14代王の宣祖(ソンジョ)には14人もの息子がいた。しかし、正室は長く病床にあったので、息子はすべて側室から生まれた庶子であった。その中で、長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君(クァンヘグン)が世継ぎ候補になっていた。その後継者争いは、どんな展開になったのか。




待望の嫡男

後継者争いで臨海君は分が悪かった。素行が悪く王の資質に欠けると見られていたからである。
しかも、豊臣軍による朝鮮出兵のときに捕虜になってしまい、解放されたあとは、その屈辱から酒びたりとなって何かと問題を起こしていた。
一方の光海君は、豊臣軍との戦いで王朝軍の一部を率いて活躍した。宣祖は光海君を世継ぎとして指名するつもりだった。
当時は中国の明(みん)に世継ぎが決まったことを報告し、その許可を得る必要があった。宣祖も1594年に明に使節を派遣したのだが、「長男を指名しない根拠が明確でない」という理由で、明は許可を出さなかった。
当時は豊臣軍との戦いで明も多くの援軍を派遣してきており、朝鮮王朝に対して強い態度を見せていた。
結果的に、世継ぎ問題は宙ぶらりんとなった。




1606年になると、さらに混迷した。
宣祖が二番目の正室として迎えた仁穆(インモク)王后が永昌(ヨンチャン)大君を産んだのだ。宣祖にしてみれば待望の嫡男だ。
宣祖は嫡男の誕生を大いに喜んだが、2年後に死期が迫ってしまった。
永昌大君はまだ2歳だった。
言葉も満足で話せないようでは、国王になるのは無理だ。宣祖としても光海君を世継ぎに指名せざるをえなかった。
1608年、光海君は15代王として即位した。彼を支持する一派は、王位の安泰のために血の粛清に乗り出した。臨海君を配流したうえで自決させ、永昌大君も殺して母の仁穆王后を幽閉した。
こうして光海君の王位は磐石になったと思われたが、結果は逆だった。血の粛清の過程で光海君は多くの政敵をつくることになってしまった。




しかし、政治家としての光海君は、戦乱で荒廃した国土の復興に尽くし、外交を巧みに行ない、民生の安定に力を注いだ。
ただ、光海君の臣下たちは宮中でやりたい放題に振る舞い始め、収賄も平然と行われた。政治の腐敗によって辛い思いを強いられたのは庶民であり、彼らの恨みは光海君に向けられていった。
こうなると、兄弟たちを殺害した悪行が蒸し返され、光海君を王から引きずりおろそうとする動きが活発になった。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后はなぜ激しく対立したのか

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

廃位後の光海君(クァンヘグン)一家の悲劇!

『華政(ファジョン)』解説!仁穆(インモク)王后に恨まれた光海君(クァンヘグン)

仁穆(インモク)王后は仁祖(インジョ)に光海君(クァンヘグン)の斬首を主張!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る