中宗(チュンジョン)はなぜ端敬(タンギョン)王后を守れなかったのか

復縁の話もあったが……

端敬王后は、住まいの裏の岩山にかつて自分がよく着ていた赤いチマ(スカート)を干し、“私はここで元気に暮らしています”と示しました。
これは「赤いチマ岩の伝説」とよばれ、韓国でも夫婦愛を示すよい話といわれているのですが……。
もとはといえば、中宗が夫としてだらしないから起こった話です。




端敬王后を離縁した中宗は再婚しますが、その継妃が1515年に中宗の長男を出産した直後に急死してしまいます。
そのとき、中宗と端敬王后の復縁が現実味を帯びました。中宗としても願ってもないことです。
しかし、最終的にクーデターを成功させた高官の大反対で実現しませんでした。
このときも中宗は指導力を発揮することができなかったのです。
結局、中宗は端敬王后を離縁したあとに一度も彼女に会うことができませんでした。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

中宗と端敬王后について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

中宗(チュンジョン)!重臣に頭の上がらない王

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る