影が薄い2人の国王(孝宗〔ヒョジョン〕と顕宗〔ヒョンジョン〕)とは?

 

中宗(チュンジョン)、粛宗(スクチョン)、英祖(ヨンジョ)は韓国時代劇にひんぱんに登場する国王だが、逆にほとんど出てこない国王もいる。17代王の孝宗(ヒョジョン)と18代王の顕宗(ヒョンジョン)がそうだ。2人は果たして、どんな国王だったのだろうか。




異例の即位

1649年に即位した17代王の孝宗は、仁祖(インジョ)の二男である。
彼も仁祖の長男・昭顕世子(ソヒョンセジャ)と一緒に長く中国大陸の清の人質になっていた。
1645年、兄は先に帰国した。この時点で王の後継者は兄だったので、孝宗は分家として王と距離を置くしかなかった。
しかし、昭顕世子が帰国後2カ月で急死してしまって状況が変わった。それでも、朝鮮王朝の慣例では昭顕世子の息子に王位継承の権利があるのだが、仁祖は孫にあたるその男子たちを済州島(チェジュド)に流し、世子の座を強引に孝宗に変えてしまった。この異例の人事によって、孝宗は仁祖の死後に想定外の王位に上がったのである。
彼の治世は10年間続いたが、二男である自分を引き立ててくれた父に感謝し、その王政をほぼ踏襲した。そればかりか、父を恥辱に追い込んだ清に敵意を持ち、政権内の親清勢力を一掃した。




自身は長く清で人質生活を送りながら、兄のように外国文化に傾倒することはなく、むしろ批判的に捉えていた。こういう気質が、清への復讐に固執した父に気に入られたのかもしれない。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死!朝鮮王朝全史18

明聖(ミョンソン)王后の溺愛!朝鮮王朝の重大な事件簿12

粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝7

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る