純元(スヌォン)王后の悪政!朝鮮王朝の重大な事件簿9

 

19世紀前半、朝鮮王朝の政治を完全に牛耳った純元(スヌォン)王后。彼女は一族で要職を固める勢道政治に固執したが、孫の24代王・憲宗(ホンジョン)が1849年に22歳で急死したとき、最大のピンチを迎えた。王族の中で意にそぐわない男子を排除してきたあおりで、王位を継げる人がいなかったのである。

DSC_0184

田舎に住む無学の青年

迷ったあげく、純元王后が見つけだしてきたのが、地方で農業をしながら生計を立てていた元範(ウォンボム)という18歳の青年だった。
確かに、王族には違いなかった。亡き憲宗とは7親等の間柄だったし、かつて21代王・英祖(ヨンジョ)によって餓死させられた思悼(サド)世子の曾孫だった。
しかし、すでに田舎暮らしが身についていて、まともに学問を受けていなかった。




致命的だったのは、漢字すらよくわからなかったことだ。文字を読めない人が王になるというのは、文を尊ぶ国ではあってはならないことだった。
それでも、純元王后は無学の青年のほうが意のままに操れると考え、前代未聞の人事を強行した。
この元範の親族は死罪や流罪になった人が多かった。それゆえ、王宮から使者がきたとき、てっきり元範は「殺されるのでは?」と勘違いしてしまった。
そんな状態だったので、彼はオドオドしながら王宮に入っていった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る