『春香伝』(チュニャンジョン)!朝鮮王朝最高の伝承物語

暗行御史、参上!

実は、夢龍は科挙に合格し、役人の不正を秘密裏に取り締まる暗行御史(アメンオサ〕になっていた。
全羅道の担当になった彼は、わざと物乞いの服装で世情をうかがっていた。その中で、春香の危機を知った。
その頃、学道の誕生日を祝う宴が開かれた。夢龍はその場にまぎれこみ、酒の余興として学道を批判する詩を披露した。
夢龍の本性を知らない学道は激怒するが、夢龍は「暗行御史、参上!」と叫び、その場で学道を解任した。




さらに、夢龍は学道の横暴によって罪人にされた人々を解放すると、春香を自分の前に連れてこさせた。夢龍は頭を下げたままの春香に向かって、罪を許す代わりに自分と肌を交えろと命令する。
しかし、夢龍だと気づかない春香は、断固として拒否した。
あくまでも純粋な愛を貫く春香。夢龍は彼女の献身さに胸を打たれ、ようやく自分の素姓を明かした。
権力に屈することなく貞節を守った春香。彼女の一途な愛はこうして報われた。
この物語は、厳しい身分制度や傲慢官僚の悪政に苦しんでいた庶民の喝采を浴びた。これほど胸がすく勧善懲悪は他になかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

チャングム(長今)を生んだ朝鮮王朝の医女の制度とは?

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る