『春香伝』(チュニャンジョン)!朝鮮王朝最高の伝承物語

 

韓国の人なら誰もが知っている『春香伝』は、過去に何度も映画やドラマになっている。どんな内容なのか。17世紀後半、全羅道(チョルラド/朝鮮半島西南部の地域)で暮らしていた元妓生の月梅(ウォルメ)がかわいい娘を産んだ。それが春香(チュニャン)だった。

悲しい別れ

春香は母に愛されながら美しく育ち16歳になった。
そんな彼女に一目惚れした李夢龍(イ・モンニョン)は、高官の息子という名家の出身で、使いを出して春香を呼び出した。
しかし、春香は毅然としていた。
「私は妓生ではありません。たとえ、えらいお方のご子息でも応じられません」
こう言われても、夢龍はあきらめきれなかった。
話を聞いた母の月梅は、神のお告げだと感じた。なぜなら、月梅は夢の中で立派な龍にあったことがあり、「夢龍」という名前に運命を感じたからだ。




母に催促させられて夢龍に会った春香は、即座にプロポーズされる。しかし、身分の違いを実感していた彼女は、「自分は貧しい家の者で家柄がつりあわない」と断る。だが、夢龍はますます春香に惚れ、「妻にしたい」と何度も頭を下げた。
彼の誠意に折れた春香。夢龍と幸せな時間を過ごすが、その時間は短かった。夢龍の父が都に栄転することになったのだ。
夢龍は春香を連れて一緒に都に行こうとするが、身分の違いを理由に家族が猛反対。結局、夢龍は断腸の思いで春香を置いて旅立っていく。春香も涙を流し、悲しい別れにからだを震わせた。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

チャングム(長今)を生んだ朝鮮王朝の医女の制度とは?

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る