チャングム(長今)を生んだ朝鮮王朝の医女の制度とは?

チャングムは謎の医女

さすがに、医女に酔客の相手をさせるのはよくないということになり、16世紀以降は医女を宴会に連れ出さないように決まった。
医女が本来の役割に徹することができるようになったのだ。『宮廷女官 チャングムの誓い』の時代背景は16世紀前半で、ようやく医女が宴会での酌婦役から解放された頃の話となっている。
ドラマの中でチャングムは、たとえ男尊女卑の社会にいても有能な女性はかならず頭角を現すということをよく表現していた。




朝鮮王朝の正式な歴史書である「朝鮮王朝実録」にはチャングムのことが10カ所ほど記述されている。
彼女は王族の病状を回復させた褒美として、他の医女よりも給料を多くもらっていたようだ。
また、「朝鮮王朝実録」には、11代王・中宗(チュンジョン)の言葉として「余の病状は、医女(チャングム)が知っている」という記述も見られ、中宗がチャングムにとても信頼を寄せていることがわかる。
ただ、記述は数行にわたるだけで、チャングムが一体どんな人物でどんな人生を歩んだかについてはまったくわからない。
いわば謎に包まれた医女だったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

チャングム!ドラマで有名になった医女

中宗(チュンジョン)を最期まで見とったのがチャングムだった!

もしかして医女・チャングム(長今)は何人もいた?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る