権力闘争に勝った光海君(クァンヘグン)!朝鮮王朝全史15

正室が産んだ初めての王子

光海君は豊臣軍との戦いでも前線で兵の士気を高め、兄よりも高く評価されていた。すると、王朝の内部では臨海君派と光海君派に分かれて権力争いが始まった。
結果的に、宣祖は素行が悪く問題を起こす臨海君を王の資格なしと見なし、光海君を後継者として指名した。
一旦は、宣祖の後継問題は決着したと思われた。しかし、宣祖の二番目の正室となった仁穆(インモク)王后が1606年に永昌大君(ヨンチャンデグン)を産むと状況は一変した。実は、臨海君も光海君も側室との間に生まれた息子であり、正室との子供は永昌大君が初めてだった。




それだけに、宣祖は永昌大君をとても可愛がった。そうなると、権力にどん欲な一部の臣下は、永昌大君を擁護する動きを見せた。
1608年、宣祖が病により急死した。彼は明確な後継者を指名していなかったので、王位継承の決定権を握ったのは仁穆王后だった。永昌大君を支持する一派は自分たちの勝利を確信した。
しかし、意外な展開になった。
なんと、仁穆王后は光海君を指名した。いかに母とはいえ、まだ2歳の幼い子供を王にするのは現実的でなかった。
こうして、33歳の光海君が15代王として即位した。

文=慎 虎俊(シン・ホジュン)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る