これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

光海君の落ち度

光海君の外交戦術は功を奏し、彼の在位中に朝鮮王朝は安泰だった。
むしろ、光海君が追放されたあと、仁祖の統治時代に明に気兼ねして後金にさからい、その結果として手痛い侵攻を受けて後金に屈伏している。
朝鮮王朝は存亡の危機に立たされた。それに比べると、光海君の外交術のほうがずっと巧みだった。




最後の4について。
継母の仁穆王后を幽閉したことについては、光海君が責任を問われても仕方がない。「孝」を最高の徳目とみなす儒教を国教にしている朝鮮王朝では、継母とはいえ「息子」が「母」を処罰することがあってはならない。この点では、クーデター軍の言い分に一理あると言える。
光海君を追放して王位に就いた16代王・仁祖は、自らの正統性を強調するために、徹底的に光海君を悪者に仕立てあげた。しかし、光海君は暴君というより、名君と呼ばれてもいいほど政治的に卓越した手腕を発揮した。
それでも、仁穆王后の幽閉だけは間違えた。そのことでクーデターを起こされたとしたら、それは明らかに光海君の落ち度であったと言える。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る