端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

幼い王が感じた恐怖

首陽は権擥が持ちだしたクーデターの計画に耳を傾けていく。その計画を進めていく段階で権擥の友である韓明澮(ハン・ミョンフェ)をも仲間に引き入れた。王位に執着心を抱いていた首陽は、彼らに見返りを約束して関係を深めていった。
特に、韓明澮はしばらくすると皇甫仁などのいずれ殺すべき人物をまとめた「殺生簿」を作り、武人たちを配下においてクーデターの時に備えていた。
1453年、穏やかな秋の日々を送っていた端宗の周りに不穏な空気が漂い始めた。そこにとつぜん首陽と武装した60人ほどの兵たちが宮中に現れた。




「首陽でございます。この度は突然の無礼をお許しください。どうにも謀反を企てる者がいると聞き、御身を守るため参ったのでございます」
端宗が驚いていると、首陽は「勝手な判断でしたが、すでに金宗瑞を処罰しました」と言い放った。
首陽の目に宿る狂気を恐れた端宗は首陽の言い分を聞き入れてしまう。こうして「殺生簿」に名を連ねた者たちは軒並み殺されてしまい、端宗を守る者はいなくなった。この事件が「癸酉靖難(ケユジョンナン)」であり、これによって首陽は朝廷の権力を掌中に収めた。
後ろ盾をなくした幼い端宗は、叔父の恐怖に怯えながら暮らした。そして、首陽の勢力が強まる宮中で、端宗はだんだん孤立していった。
結局、端宗は身の危険を感じ首陽に王位を譲った。1455年、端宗は王位を退き首陽が7代王の世祖(セジョ)となった。
しかし、端宗の受難はこれで終わりではなかった。(ページ3に続く)

最高実力者になった李成桂(イ・ソンゲ)!朝鮮王朝全史1

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る