光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

科挙の制度を確立

古代から続いた過酷な身分制度。これを根本から覆すような「奴婢按検法」は、光宗の果敢な決断力によって実施された。
奴婢から解放された人は大喜びだった。しかし、大事な兵力を失うことになる豪族たちの不満は大きかった。
「豪族たちが結束して反乱を起こせば、王朝は最大の危機に陥ります」
重臣たちの反対が多かったが、光宗は「奴婢按検法」を強行した。




彼には自信があった。兵士が少なくなって弱体化していく豪族たちは決して反乱を起こせない、と。
光宗が狙った通りになった。
豪族たちの権力を抑えることに成功した光宗は、念願だった王権の強化を実現させた。まさに彼は、高麗王朝の基盤を安定させた名君であった。
さらに、光宗は次の大きな手を打った。それが全国的な官僚登用試験である「科挙」の実施だった。
この科挙の導入には前提があった。それは、中国大陸から優秀な人材を多く高麗王朝に招聘していたことである。
「高麗に行くと優遇されるらしい」
そういう噂が広まり、中国大陸から多くの人材が朝鮮半島に移ってきた。確かに光宗は噂どおりに帰化人を優遇し、政治の表舞台で活用した。その結果、中国で広まっていた科挙を高麗王朝でも始めることになったのだ。(ページ3に続く)

偉大な光宗(クァンジョン)!高麗王朝の基盤を作った4代王

光宗(クァンジョン)は果たして何をしたのか?

https://goo.gl/GRi2V8

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

https://goo.gl/X4tjs8

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る