広開土大王(クァンゲトデワン)/三国高麗国王列伝1

第1回 領土を最も拡大した韓国が誇る英雄

高句麗(コグリョ)の旧都・国内城(クンネソン)があった中国の集安(チバン)市に行くと、高さ6・39m、重さ37トンのとても大きな碑石を見ることができる。この碑石で讃えられているのが、高句麗19代王・広開土大王(クァンゲトデワン)だ。この石碑「広開土大王碑」は日本でも「好太王碑」として広く知られている。彼は、いったいどんな王様だったのでしょうか。

s03

高句麗の領土拡大

広開土大王の本名は、談徳(タムドク)。広開土大王という名前は、死後に功績を讃えて送られた謚(おくりな)である。
その名には「広い領土を切り開き、国を平定させた王」という意味が込められている。
談徳は、幼い頃から体格に恵まれていて、13歳になるころには、父である18代王・故国壌王(コグヤンワン)の指導で、帝王学を学び始めた。391年、故国壌王が戦死すると、談徳は17歳で高句麗の王に即位した。




談徳は、王位に就いた翌年に4万の軍勢を率いて、百済(ペクチェ)に大攻勢を仕掛け、漢江(ハンガン)流域まで領土を拡張した。談徳の指揮する高句麗の勢いはすさまじく、百済の王・辰欺王(チンサワン)は戦うことを恐れ、無抵抗のまま10個の城を明け渡した。
南方の百済への侵攻で勢いづいた高句麗は、北方の中国大陸への進軍を開始した。気勢に乗った高句麗は、連戦連勝を重ね、領地をみるみる拡大していく。談徳はその生涯で、64個の城を落とし、1400余の村を領地にした。(ページ2に続く)

簡潔に読む!韓国の歴史〔高句麗の滅亡(前編)〕

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

太宗(テジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝10

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る