奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(中編)

 

元の皇帝トゴン・テムルの正室だったタナシルリは、奇皇后に執拗な嫌がらせをした。思い切り鞭で叩いたり、熱した焼きごてを肌にあてたり……。正気とは思えなかった。しかし、タナシルリの横暴も長く続かなかった。

場面02

皇帝の息子を出産

タナシルリの父であったエル・テムルが急死した。
後ろ楯を失ったタナシルリ。2年後には実の兄が実権を握ろうとしてクーデターを起こしたのだが、失敗してしまった。
結局、タナシルリには兄のクーデターに加担したという容疑がかけられ、彼女は宮殿を追放されて命を落とした。
皇后の座が不在となった。トゴン・テムルは真っ先に、寵愛する奇皇后を正室にしたいと思った。




しかし、モンゴル出身以外の女性を正室にすることに高官たちがこぞって反対した。トゴン・テムルはその反対を無視することができず、名門部族出身のバヤン・フトゥクを皇后として迎えた。
そんな最中の1338年、奇皇后はトゴン・テムルの息子アユルシリダラを出産した。これで、トゴン・テムルはますます奇皇后を寵愛するようになった。(ページ2に続く)

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る