朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

放置された遺体

朝鮮王朝中期の学者が書いた「陰崖日記」には、「端宗が自殺したと言うが、これは当時、狐や鼠のごとき輩たちの邪悪で媚びた文だ。『朝鮮王朝実録』の編纂者というのは皆、世祖にこびへつらう輩ではないか」という文章がある。
野史(民間に伝承された歴史書)によると、端宗の最期は堂々たるものだったという。世祖の命令で毒薬を持ってきた高官の王邦衍(ワン・バンヨン)はそれを渡すことができず、端宗の前でずっと身を伏せていた。
それを見た端宗は自分で首に紐を結び、その先を窓の外に出して引っ張れと命じたという。世祖が送った毒薬を拒否し、自殺を選んでせめてもの抵抗を示したのだ。




野史によると、端宗の遺体はそのまま放置されていたという。世祖が端宗を嫌っていただけに、うっかり手を出すと同じく反逆者にされる恐れがあって誰も端宗の遺体を納めることができなかった。
哀れに思った義士の厳興道(オム・フンド)が、端宗の遺体を丁重に埋葬した。まわりの者たちは端宗の遺体に触れるのは危険だと引き止めたが、彼は敢然と言った。
「正しいことをして害を受けるのは本望である」
こうした人がいたということに救われる。
実際、端宗の祭祀が礼に従って行なわれたのは、彼の死(1457年)から60年も経ってからのことだった。

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

死六臣(サユクシン)!端宗に尽くした見事な忠誠心

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る