朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

3人目は張禧嬪(チャン・ヒビン)!

張禧嬪は三大悪女の中でも一番有名な女性です。
韓国時代劇に何回も出てきており、一時期は韓国のテレビ局で「企画に困ったら張禧嬪を出せ!」という言葉が生まれたほどです。
この張禧嬪はどんな女性だったのでしょうか。
19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛され、一介の女官から側室になりました。さらに、王の長男を産んで1689年には王妃にまで昇格します。




女官から王妃にまで、というように一番の出世を果たしましたが、1694年に王妃から側室に降格した後、1701年には死罪になっています。
しかし、張禧嬪が産んだ息子が20代王・景宗(キョンジョン)として即位しています。死罪だったとはいえ、王の母にもなったのです。これほど波瀾万丈の人生を歩んだ女性は、朝鮮王朝時代に他にいなかったことでしょう。
以上のように紹介した3人の女性は私利私欲に生きて、いったんは大きな成功を収めましたが、最後はみんな悲惨な死に方をしています。「朝鮮王朝の3大悪女」は結局、因果応報を受けたのです。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

https://goo.gl/Ff3ssb

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

張緑水(チャン・ノクス)!暴君を意のままに操った悪女

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!低い身分から成り上がった悪女

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る