『奇皇后』で見事な演技を披露したハ・ジウォン!

前向きに時代劇に取り組む

時代劇の撮影は、楽しみばかりではない。歴史的に、過酷な身分制度や理不尽な政治などが強烈に描かれる。
俳優としても制約を大いに受けてしまうのだが、その点をハ・ジウォンは後ろ向きに捉えていない。
「時代劇に出演すると、その当時にいかに制約が多かったかを思い知らされます。だからこそ、描き方が切なくなったり、もっとドラマチックになったりするのでしょう」
こう語るハ・ジウォンにとって、『奇皇后』は時代劇の新しい代表作になった。彼女は運命に抗うことができなかった奇皇后の人生をしっかり受け止め、前向きに生きていく姿を堂々と演じた。
「与えられた役柄そのものの人生を歩んでみたいと思えることが大切です」
「作品のために学んで努力する。簡単なことではありませんが、私は一生続けていきます。女優として必要なことですし、その過程に喜びを感じます」
こうした言葉を胸に秘めてハ・ジウォンは『奇皇后』ですばらしい演技を見せた。
これからも彼女は、時代に翻弄されながら自らの意思で力強く生きていった歴史的女性を演じていくことだろう。




<ハ・ジウォンの主な作品>
ドラマ『チェオクの剣』(2003年)
ドラマ『バリでの出来事』(2004年)
映画『デュエリスト』(2005年)
ドラマ『ファン・ジニ』(2006年)
映画『私の愛、私のそばに』(2009年)
ドラマ『シークレット・ガーデン』(2010年)
ドラマ『キング~Two Hearts』(2012年)
ドラマ『奇皇后』(2013年)
映画『命がけの恋愛』(2016年)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る