『奇皇后』で見事な演技を披露したハ・ジウォン!

 

韓国で『奇皇后』が大ヒットしたとき、その理由としてよく挙げられたのが「ハ・ジウォンがすばらしかった」という称賛だった。彼女の主演でなければ『奇皇后』があれほどの作品になったかどうか。それほどハ・ジウォンは『奇皇后』で存在感を示した。

場面01

 

『チェオクの剣』で大ブレーク

ハ・ジウォンが最初に日本の韓流ファンに強烈な印象を残したのがドラマ『チェオクの剣』だった。制作は2003年でハ・ジウォンが25歳のときの主演作である。
この『チェオクの剣』の原題は『茶母(タモ)』だった。茶母とは、朝鮮王朝時代の隠密的な女刑事のこと。ドラマではハ・ジウォンが演じる女刑事のチェオクが、派手なアクションで縦横無尽の活躍をしたり、ハラハラするような恋のバトルを繰り広げたりしていた。




本来のハ・ジウォンは、映画でもドラマでも現代劇では今どきの女性らしさを明るく演じきるのだが、『チェオクの剣』では、抑圧された時代に合わせて繊細で迫真の表情を披露していた。
『チェオクの剣』に主演した2003年に、ハ・ジウォンはMBC演技大賞で最優秀賞、人気賞、ベストカップル賞を受賞。賞を独り占めにして話題をさらった。
そんな彼女が、さらなる頂上をめざして飛躍したのが『ファン・ジニ』(2006年)の主演だった。(ページ2に続く)

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る