奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

元の崩壊

1365年に、反対派のクーデターは鎮圧された。同年に皇后のバヤン・フトゥクが世を去ったことで、奇皇后はようやく皇后の座に就いた。しかし、度重なる内乱により、元は衰退してしまい、各地で虐げられていた漢民族が反乱を起こした。
1368年、新たに誕生した国家の明は、大軍を率いて元の首都を占拠した。奇皇后は、その明の大軍を前に逃げることが精一杯だった。元がそれほどの危機に陥っていたのにもかかわらず、高麗から援軍が出なかったことが、奇皇后の人望の低さを証明していた。




元の皇帝だったトゴン・テムルは、明から逃げている途中で亡くなってしまう。その後を継いで、新たな皇帝となったのは、奇皇后の息子のアユルシリダラである。
高麗出身でありながら、元の皇室になった奇皇后の生涯は波乱に満ちたものだった。彼女についての記述は、トゴン・テムルが亡くなった後から途絶えてしまっているため、いつどこで亡くなったのかもわかっていない。
奇皇后は、本当に謎の多い女性なのである。

文=康 大地(コウ ダイチ)

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか
https://goo.gl/h2GMkx

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方
https://goo.gl/Za4BCe

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る