奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

元の崩壊

1365年に、反対派のクーデターは鎮圧された。同年に皇后のバヤン・フトゥクが世を去ったことで、奇皇后はようやく皇后の座に就いた。しかし、度重なる内乱により、元は衰退してしまい、各地で虐げられていた漢民族が反乱を起こした。
1368年、新たに誕生した国家の明は、大軍を率いて元の首都を占拠した。奇皇后は、その明の大軍を前に逃げることが精一杯だった。元がそれほどの危機に陥っていたのにもかかわらず、高麗から援軍が出なかったことが、奇皇后の人望の低さを証明していた。




元の皇帝だったトゴン・テムルは、明から逃げている途中で亡くなってしまう。その後を継いで、新たな皇帝となったのは、奇皇后の息子のアユルシリダラである。
高麗出身でありながら、元の皇室になった奇皇后の生涯は波乱に満ちたものだった。彼女についての記述は、トゴン・テムルが亡くなった後から途絶えてしまっているため、いつどこで亡くなったのかもわかっていない。
奇皇后は、本当に謎の多い女性なのである。

文=康 大地(コウ ダイチ)

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝妖女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る