奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

弱体化した国力

強大な権力を持って横暴を続けていた奇一族だが、それは長続きしなかった。中国大陸の各地で、元の腐敗した政治に不満を持った農民たちが反乱を起こしたのである。それを鎮圧することに手いっぱいとなった元の国力は、どんどん衰えていった。
元の国力が弱くなったことで、高麗の31代王・恭愍王(コンミンワン)は、奇一族を排除し、高麗の独自性を復活させようとした。
奇皇后の兄である奇轍は、恭愍王を暗殺しようとするが気付かれて失敗に終わり、処刑されてしまった。そのことを知った奇皇后は、恭愍王に強烈な敵意を向けた。彼女は、元の軍を動かして恭愍王を排除しようとするが、あまりにも元の国力が衰えていたため、高麗の軍を倒すことはできなかった。




結果として、高麗での影響力も失ってしまった奇皇后は、息子のアユルシリダラを皇位に就けようとして、皇帝であるトゴン・テムルに提案した。けれど、いくら奇皇后を寵愛するトゴン・テムルも、その提案は受け入れなかった。
しかし、奇皇后の意向に賛同する臣下も多く、アユルシリダラを新しい皇帝として認める派閥と、それに反対する派閥にわかれて対立した。その対立が原因で、1364年に反対派が首都を占拠する事件が起きた。その際に、奇皇后は捕虜になるという屈辱を味わっている。(ページ4に続く)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか
https://goo.gl/h2GMkx

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方
https://goo.gl/Za4BCe

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る