文宗(ムンジョン)の不覚!朝鮮王朝の重大な事件簿8

息子がこうむった悲劇

意気消沈した奉氏は、やがて禁断の果実に手を伸ばすことになった。それは宮中で厳禁されていた同性愛だった。
そのことが露見し、奉氏もまた離縁されてしまった。あわれなことに、奉氏も実家に戻ったあとで自害せざるをえなくなった。
2人の妻を不幸な死に追いやってしまった文宗。後継者を作らなければいけない世子として失格なのだが、世宗は怒りを抑えて息子に側室を持たせることにした。
それは複数に及んだが、その中で文宗が一番気に入ったのが顕徳(ヒョンドク)王后だった。




彼女は文宗の娘を産み、1441年には男子を出産した。後の6代王・端宗(タンジョン)である。この出産は世宗を大いに喜ばせる慶事だったが、その直後に不幸が起きた。出産後に体調を崩した顕徳王后が亡くなってしまったのだ。
すでに彼女は正室に昇格していたのだが、文宗は愛妻の死を心から悼み、以後は正室を持とうとしなかった。これは王室では異例なことだった。というのは、王は妻が亡くなったあとにかならず10代の娘を後妻にめとるのが慣例だったからだ。この一事をもってしても、文宗がいかに顕徳王后権氏を寵愛していたかがわかる。
しかし、文宗はわずか在位2年で1452年に亡くなり、後を継いだ長男の端宗は、1455年に叔父の首陽大君に王位を強奪されてしまった。
そのことを文宗は草葉の蔭でどう見とったのか。彼の人生は「不覚」の連続だった。

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る