文宗(ムンジョン)の不覚!朝鮮王朝の重大な事件簿8

怪しげな「世子の妻」

文宗は13歳で初めての妻をめとることになった。相手は名家出身の美女で文宗より4つ歳が上だった金氏(キムシ)である。
しかし、父の心配を理解していたとはいえ、まだ幼かった文宗は女性に興味を持つことができず、金氏との結婚生活はうまくいかなった。
ところが、世子に嫁いだ女性にとっては、息子を産むことは将来的に王の母になることを意味する。金氏は世子に嫁ぐことで一族の命運までも背負っていたのだ。
強い使命感による焦りは、金氏から余裕を奪っていき、宮中で蛇やコウモリを干して粉末にしたものを密かに作ってばかりいた。これは、今でいえばフェロモンを出しそうな秘薬だった。しかし、噂が噂を呼び、金氏は魔女のように言われるようになった。




金氏としては、子を授かるためのまじないのつもりだったのだが、こうした怪しい行動はすぐさま世宗に報告された。顔をしかめた世宗は、ついに金氏を離縁して王宮から出してしまった。
王の子を産めなかったばかりか、実家に帰されてしまった金氏。彼女の父は一族の不名誉だと激怒して、なんと娘の命を奪ってから自決した。いわば心中なのだが、あまりに不幸な結末となった。
最初の妻を世宗が追い出してしまったので、文宗は次に奉氏(ポンシ)と再婚した。ただ、この女性にも文宗は関心を示さなかった。
寂しくて仕方がなかった奉氏は、なんとか文宗の気を引こうとして積極的に誘いをかけるのだが、むなしく失敗に終わるだけだった。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る