仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5

険悪となった父子の関係

1645年、人質から解放されて漢陽(ハニャン/現在のソウル)に戻ってきた昭顕は、父親の仁祖と対面した。周りの者たちは、感動的な親子の対面が行なわれると思っていたが、仁祖は息子を冷たくあしらった。さらに、異国の文化のすばらしさを意気揚揚と話し、それを朝鮮王朝にも取り入れようと言う息子の姿に、仁祖は機嫌を悪くした。




その2カ月後に昭顕は世を去ってしまう。これにはいくつかの説があるが、一番有力なのは、仁祖による毒殺説だ。
仁祖は1649年に54歳で亡くなった。この仁祖は死後につけられた尊号で、この「祖」は功績を残した王に付けられる。しかし、清に降伏して屈辱的な謝罪をして、多くの庶民を捕虜にさせた彼には「祖」は相応しくない。その捕虜にされた庶民の人数は50万人に近いと言われている。
それほどまでに多くの人を苦しめた仁祖。彼のようなぶざまな姿をさらした王は、それまでにはいなかった。仁祖が民衆から見放されたのも当然のことだ。仁祖が、朝鮮王朝27人の王の中で、一番情けない王であるのは間違いない。

文=康 大地(コウ ダイチ)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る