世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

王の座を奪った首陽大君

金宗瑞を殺害した首陽大君は王である端宗のもとへ行き、「国の乗っ取りを考えていた金宗瑞を処罰しました」と報告した。その後、王命を出させて高官たちを招集させると、首陽大君の側近が、集まった高官たちを王宮の狭い門から1人ずつくぐらせて、首陽大君に批判的な高官たちを殺害した。




それによって、政権の高官たちはすべて首陽大君の息のかかった者たちになり、政権の重職を独占したのである。そして1455年に、首陽大君は甥の端宗を上王(サンワン)に祭り上げて、7代王・世祖(セジョ)として即位した。
朝鮮王朝では、王位をめぐるような事件が多く起こっている。今回の世祖による王位強奪事件もそうだが、特に多かったのが親族同士による骨肉の争いである。いくら王の座をめぐるものだとしても、親族同士の争いは本当に悲惨なできごとであることは間違いない。

文=康 大地(コウ ダイチ)

ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る