『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典15「朝鮮王朝実録」

史実に沿った面白い時代劇

本文を見てみると、「朝鮮王朝実録」の原文は漢文で、1993年にようやくハングル版が完成している。
そのハングル版を1日100ページ読んでも4年半かかると言われている。実際に王の毎日の言動が細かく記録されているので、これだけ膨大な量になったのだ。
ハングル版の完成によって、韓国の一般の人たちが「朝鮮王朝実録」を普通に読めるようになった。




途端に、韓国では朝鮮王朝を舞台にした大河ドラマが増えた。特に有名なのが『龍の涙』『王と妃』『女人天下』といった長編時代劇。こうした作品は「朝鮮王朝実録」の記述をまるでシナリオのように使っていることが多く、それだけ生々しい歴史が臨場感たっぷりに描かれている。
まさに、「朝鮮王朝実録」のおかげで、史実に沿った形で面白い時代劇が制作できたのである。
もちろん、『オクニョ 運命の女(ひと)』も「朝鮮王朝実録」の恩恵をたっぷりと受けている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

『オクニョ』を作ったイ・ビョンフン監督の制作スタイルは?

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る