正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

正祖の唯一の失敗

その政策の拠点となったのが、奎章閣(キュジャンガク)である。奎章閣は、歴代王の資料を保管したり、書籍の編纂を行なう王室の図書館です。そこに、これまで厳しい身分制度によって優秀でありながらも登用されなかった人たちが集まり、正祖の善政に貢献した。正祖は、他にも政治や経済で多くの業績を生んだり、庶民の生活水準を向上させた。そんな彼の唯一の失敗は、祖母である貞純王后を厳しく罰しなかったことだ。




1800年、名君として多くの功績を残した正祖が亡くなるが、宮中では「貞純王后に毒殺されたのではないか」という噂が広まった。その理由は、「正祖の最期を看取ったのが彼女だけであること」や「正祖が亡くなったことで一番得する人物」などがある。
正祖の後を継いだのは23代王・純祖(スンジョ)。しかし、彼はまだ10歳だったため、王族の最長老女性だった貞純王后が代理で政治を行ない、自分の息のかかった者たちを要職に就け、正祖が進めていた改革をすべて潰してしまう。これが正祖にとって最大の不幸だったのは間違いない。

文=康 大地(コウ ダイチ)

イ・サンは本当に毒殺されたのか

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

貞純(チョンスン)王后!思い通りに政治を牛耳った王妃

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る