トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決5〔疑惑編〕

 

張禧嬪は仁顕(イニョン)王后を呪詛した疑いをかけられて死罪になりました。不可解なのは淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏です。彼女のことを、ドラマ『トンイ』で描かれたような明るいイメージの女性だと想像すると、ちょっと違います。

DSC_0015

果たして動機は?

1694年には淑嬪・崔氏を毒殺しようとした事件から政変が起こっていますし、1701年には彼女が自ら張禧嬪を粛宗(スクチョン)に告発して自害に追い込んでいるのです。「大きな事件の裏に淑嬪・崔氏あり」という様相を呈しています。
実は、張禧嬪が仁顕王后を呪い殺す理由はありません。仁顕王后は1年半も病床に伏していて、子供を産むことは無理なのです。むしろ張禧嬪が警戒したのは淑嬪・崔氏です。淑嬪・崔氏が粛宗の次男を産んでいたからです。




結局、張禧嬪が自分の息子を王にするためには淑嬪・崔氏が要注意でした。それだけに、張禧嬪が淑嬪・崔氏を呪い殺そうとするならわかるのですが、仁顕王后を標的にするのはちょっと筋が通りません。
逆に言うと、淑嬪・崔氏は自分の息子を王にしようと思ったら、張禧嬪の産んだ子供が邪魔になってきます。なにしろ世子なのですから。(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る