中宗(チュンジョン)と王妃の「チマ岩の伝説」

紅色のチマ

中宗の未練が世間の噂になり、端敬王后の耳にも届いた。彼女は今でも王が思いを寄せてくれていることに深く感謝した。
「そうだ、あれを見ていただこう」




端敬王后は、中宗が自分の実家をすぐに見つけられるように、自宅の裏山の岩の上に、宮中で身に着けていた紅色のチマ(スカート)を広げた。
中宗は、そのチマを見るたびに、「元気で暮らしていることだろう」とホッと安堵したのである。
愛しながら仲を裂かれた2人。その変わらぬ愛が「チマ岩の伝説」として、後世でも大いに語り継がれた。

(文=「ロコレ」編集部)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

『オクニョ』を作ったイ・ビョンフン監督の制作スタイルは?

ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る