中宗(チュンジョン)と王妃の「チマ岩の伝説」

実家に戻された王妃

高官たちの強硬な意見をやむなく受け入れてきた中宗だが、妻の離縁だけは同意するわけにはいかなかった。
彼は、愛妻を守るために、何度も高官たちと話し合った。しかし、その願いは届かず、高官たちに従わざるをえなかった。
離縁しなければ端敬王后を「殺害すべき」という仰天発言まで出てしまい、中宗は仕方なく受け入れたのである。




その結果、端敬王后は庶民に格下げとなり、宮中から追放されてしまう。
実家に戻った端敬王后。中宗は彼女のことが忘れられなかった。もとはと言えば、中宗が弱気すぎて愛する妻を離縁せざるをえなかったのだが……。
中宗は、端敬王后を思い出すたびに、遠くを見渡せるようにと王宮の一番高い場所へ上がっていった。
そして、彼女の実家の方向を眺めてはため息をもらすのだった。(ページ3に続く)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

『オクニョ』を作ったイ・ビョンフン監督の制作スタイルは?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る