『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典8「典獄署(チョノクソ)」

どんな者たちが収監されていたか?

朝鮮王朝時代、刑罰には5種類があった。
刑が重い順に言うと、死(サ/死刑のこと)、流(ユ/遠方に流罪にする刑)、徒(ト/つらい重労働をさせる刑)、杖(チャン/杖で叩く刑)、笞(テ/笞で打つ刑)であった。
朝鮮王朝の基本法典である「経国大典」によると、5種類の刑罰の判決期日は次のようになっていた。
「死」……30日以内
「流」と「徒」……20日以内
「杖」と「笞」……10日以内




以上のように、一番重い死罪の者でも30日以内に判決が下りて刑が執行されてしまったのだ。
なお、刑罰の中で「笞」に該当する者は収監されることはなかった。つまり、典獄署の監獄に入っていたのは「杖」以上の重罪に問われていた者たちなのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典9〔朝鮮王朝時代の女性の髪型〕

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る