昭顕(ソヒョン)世子毒殺事件の真相!

鍼に毒が塗られていた?

仁祖から寵愛された側室の趙(チョ)氏。数々の悪行に手を染めた悪女だ。
ドラマ『華政(ファジョン)』にも、狡猾な女性として登場している。
実は、李馨益は趙氏と親しい医官であった。
彼は、もともと趙氏の実家に出入りしていた医者なのだ。その腕を見込んだ趙氏は、推挙して王族の医官に送り込んだ。
李馨益が得意だったのが鍼治療である。




彼は仁祖にも鍼治療を施していた。
そして、帰国した昭顕世子に鍼治療をしたのも李馨益だった。
しかし、昭顕世子は急死してしまった。
「李馨益が鍼に毒を塗って昭顕世子を毒殺した」
そういう噂が宮中で広まった。(ページ3に続く)

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された

昭顕(ソヒョン)世子は清での人質生活をどう過ごした?

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る