もしかして医女・チャングム(長今)は何人もいた?

チャングム複数説

さらには、「長今」の名前に「大」がついて、「大長今(テジャングム)」と尊称されるようになった。
この「大長今」というのが、ドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い』の韓国での原題となっていた。
チャングムの名前が「朝鮮王朝実録」で最後に出てくるのは、1544年10月29日である。それは、チャングムの名前が初めて「朝鮮王朝実録」に出てから29年目のことだった。これほど長きにわたってチャングムが「朝鮮王朝実録」に登場する。




平均寿命が短かった時代なのに、あまりに長すぎないだろうか。
そこで、次のような推察も成り立つ。チャングムというのは当時の医女の役職名であって複数の人物が存在したのではないか、と。
果たして、チャングムは1人だったのか。あるいは、何人もいたのか。このことを研究する歴史学者が出てくれば面白いのだが……。

文=「歴史カン・ヒボン」編集部

チャングム!ドラマで有名になった医女

中宗(チュンジョン)!重臣に頭の上がらない王

許浚(ホ・ジュン)!医官として有名な偉人

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る