もしかして医女・チャングム(長今)は何人もいた?

主治医は処罰された

先の記述で「王妃」と記されているのは、11代王・中宗(チュンジョン)の二番目の正室だった章敬(チャンギョン)王后である。
彼女は中宗の長男(後の12代王・仁宗〔インジョン〕)を出産した直後に亡くなっている。その際に、チャングムは不手際の責任を問われているのだ。
朝鮮王朝で随一の名医だった許浚(ホ・ジュン)でさえ、14代王・宣祖(ソンジョ)が1608年に世を去ったときに、王の主治医として処罰されている。当時、王や王妃が亡くなると、たとえ主治医にミスがなくとも形のうえで罪人にされたのだ。
当然ながら、チャングムも罪を問われて何らかの処罰を受けた可能性が高い。
そんな彼女が、引き続き王族の診察を担当できたのだろうか。
しかし、「朝鮮王朝実録」によると、その後もチャングムは医女として王族の診察をしていて、しばしば褒美を得ている。(ページ3に続く)

チャングム!ドラマで有名になった医女

中宗(チュンジョン)!重臣に頭の上がらない王

許浚(ホ・ジュン)!医官として有名な偉人

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る