尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

後ろ楯は王妃

『女人天下』での尹元衡と鄭蘭貞の出会いは、完全なフィクションである。しかし、欲深い2人が結託するときは、おそらくドラマのようなドロドロしたものがあったはずだ。
結局、尹元衡と鄭蘭貞は「悪の継妃」であった文定王后の手先となって、敵対勢力を陰謀で粛清する役を引き受けた。
特に、尹元衡が絶大な権力を握るようになったのは1545年からだ。




その前年に中宗が世を去り、次の王に仁宗(インジョン)がなった(彼は中宗の二番目の正室だった章敬〔チャンギョン〕王妃から生まれている)。
しかし、仁宗は即位からわずか8カ月で急死した。文定王后によって毒殺されたと見られている。
その結果、文定王后が産んだ息子が13代王・明宗(ミョンジョン)として即位した。彼はまだ未成年だったので文定王后が代理で政治を仕切った。こうして、弟の尹元衡は文定王后の後ろ楯を得て、政治を一気に牛耳るようになった。
そんな尹元衡が政敵を粛清するために画策した陰謀が、1547年に起こった良才(ヤンジェ)駅壁書事件である。(ページ4に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る