明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

兄の急死で王位に就く

「世子さえいなくなれば……」
そう考えた文定王后は、自分がお腹を痛めて産んだ明宗を絶対に王にしたいと考え、世子の命を狙うようになった。
しかし、暗殺の危機を乗り越えて、世子は1544年に中宗が亡くなったあとに12代王になった。これが仁宗(インジョン)である。
彼は人徳があり親孝行な王だった。そんな仁宗の命を狙い続けた文定王后。その執念は凄まじかった。




結局、仁宗は即位して約8カ月で急死した。
文定王后に毒殺されたと見られている。
いずれにしても、仁宗の急死によって、明宗が13代王として即位した。仁宗に子供がいなかったので、弟に出番がまわってきたのである。(ページ3に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

ページ:
1

2

3 4 5

関連記事

ページ上部へ戻る